一人ではできないことも、みんなでやればできるようになる!!

2018年11月に岡山で行われたパラコレ®️(障害がある人たちのファッションショー)に参加しました。

2019年夏に大阪でも開催されるとお聞きして、

オリンピックの年に、東京でもパラコレみたいなイベントを開催できないだろうか??

という思いがフツフツとわいてきました。

そう思ったら、どんどんご縁が繋がって、動き始めました。

 

そしてフランウェイが生まれた

東京では「フランウェイ」とネーミングしました。

開催のきっかけになったのは「hana(花)」ちゃんであること。「hanaの道」から連想した言葉です。

そして「フラ(ハワイ語でダンス)」という意味。

「フライウェイ(飛ぶ)」をもじった意味。

「ランウェイ(舞台の花道)」からも来ています。

そして何よりもきっかけになったのは

「ウェーーーーーーーーイ」という言葉の響き。

言葉が話せなくても、言葉が通じなくても、全世界で、障害のある人もない人も

「ウェーーーーーーーーイ!!」とハイタッチできたら、心が通じ合うような気がしませんか??

2017年の相模原殺傷事件の時、世の中の反応を見聞きして、障害のある人と関わりをほとんど持ったことがない人が

なんとなく怖い、気持ち悪い、

と思っている人がたくさんいるのだと実感しました。(私も昔はそうでした)hanaを育てながら、彼らのファンになっていった私です。

知ってて苦手。知らないで苦手。

この2つには大きな違いがあります。

知ってもらったら、関わってもらったら、苦手だった人が「大好きな人」に変わるかもしれない。

知って、関わってもらう人が増えれば、子ども達の未来も変わっていく気がするのです。

なので、障がいのある子ども達のことを知らない多くの人に知ってほしい、

「ウェーーーーーイ!!」とみんなでハイタッチしましょう。きっと色んなことが溶けていくはずなんです。

フランウェイのコンセプト

その1
フランウェイのことを知ってくれた人や参加した人が、障がい者と触れ合うことで、彼らのことを本当の意味で知ってもらう。
そして、観にきてくれた人も、街の中で障がい者と出会った時に
「フランウェイの時にこういう人いたなあ」と思ってもらえる。
自分の身近に「障害がある人は結構いる」ということに気づいてもらい、興味を持ってもらえるきっかけになるといいなあと思います。

その2
私は以前、看護師しながらアマチュアのミュージカル劇団に所属していた。hanaの妊娠がわかったのは千秋楽の本番前。「しばらく遠ざかるけれど、いつかこの子と舞台を創り上げる。」そんな気持ちになったことを岡山のパラコレで思い出したのがきっかけです。「舞台」を使うことが私の表現方法の一つなんですね。
みんな生きるアートだと思うのですが、それを表現するのが「フランウェイ」なのかなと感じています。

 

その3
障がいのある人もない人も、一緒にそこにいていいんだよーっていう世界を将来的に創りたいのです。
まずはそれをフランウェイで実現したい!!フランウェイでやっていることを、そのうちに地域、日本全体、世界に広げていきたいのです。
ゆくゆくは、hanaちゃんみたいな子も、その親も、どんな人も安心して暮らせる街を作ることなんです。舞台イベントのもっともっと先に、真のダイバーシティの世界があります。

少しづつご縁が広がっていっています。

なんかおもししろそう!!

一緒に作りたい。

支援したい!!

って言って下さる方、

ご協力いただけると嬉しいです。

スターPayPal.me

スター

私一人では絶対にできませんが、みんなで動いたら社会のムーブメントになる!!

絶対なる!!

私たちの活動の全ては、子ども達の未来に繋がっていきます。

どうか私に力を貸してください!!